今日は2月20日 月
平日(月~金)は夜8時半まで診療しています
    医療法人 孝陽会 求人情報(歯科医師・歯科衛生士・受付・歯科助手)見学会・体験会も開催!

院長からのご挨拶

[院長]戸谷 孝洋

歯科医療も日進月歩で進化しています。そのトレンド、最新技術を研究し、日々の診療に反映させるべく努力しております。治療・口腔ケアの両面でベストなものを提供できるよう…

院長からのご挨拶の続きはこちら
インターネット予約に関する内容 提携バナー 提携バナー 提携バナー

Dr.戸谷の歯科コラム

信頼できるインプラントクリニックの選び方

カテゴリ:その他歯科

現在、多くのクリニックがインプラント治療を標榜しています。中にはインプラント治療だけを専門とするクリニックもあります。ただ、約9割の診療所はインプラントの手術実績が年間10例未満なのが現実です。

インプラント治療は、歯科医師のライセンスがあれば、どの歯科医師でも手がけることはできます。ところが、インプラント治療は、全体の治療計画の立案に多くの経験と知識を要します。不完全な計画の上に実行されたインプラントには、様々な危険が潜んでいます。

インプラントクリニックを選ぶポイントは、

1 インプラント10年完全保証がある

インプラント本体について、10年完全保証を行っていることが条件です。保証制度はクリニックの姿勢・誠実さを図る重要なバロメーターです。10年保証を謳っていても、一定年数がたてば自己負担がどんどん増えていくクリニックもありますので、注意が必要です。

2 少なくとも5年以上の経歴、年間20例以上のインプラント実績がある

最低でも年間20例以上の手術実績があるクリニックをお奨めします。治療計画の内容が優れており、よく噛めて清掃もしやすく、見た目も審美的な満足度の高いインプラント提案を行うクリニックを探されるとよいと思います。

3 インプラントのみしか行わない営利目的のクリニックを避ける

営利目的のクリニックは、保険診療を軽視しがちです。「ブリッジは短期間でダメになり、義歯はよく噛めません」などと説明し、インプラントへと強引に誘導を行います。忘れてはならないのは、お口の中はご自分の歯が主役で、インプラントはあくまで脇役である、ということです。ブリッジ・義歯・インプラント各々が長所と短所を備えています。

4 抜歯即時・オールオン4などの無理矢理な治療法を勧めない

治療期間の短縮とコストダウンのために、抜歯したその日にインプラント治療や骨造成を進めるクリニックが時々あります。抜歯直後は当然ながら感染・脱落のリスクが非常に高くなりますので、そのようなプランを勧めるクリニックは避けた方が良いでしょう。抜歯後の傷口が治り、無菌下で処置を行うのが成功率を高める最大のポイントです。

以上の4点について基準に達していれば、安全で信頼の持てるクリニックであるということができます。

このページの上部へ