今日は10月20日 金
平日(月~金)は夜8時半まで診療しています
    医療法人 孝陽会 求人情報(歯科医師・歯科衛生士・受付・歯科助手)見学会・体験会も開催!

院長からのご挨拶

[院長]戸谷 孝洋

歯科医療も日進月歩で進化しています。そのトレンド、最新技術を研究し、日々の診療に反映させるべく努力しております。治療・口腔ケアの両面でベストなものを提供できるよう…

院長からのご挨拶の続きはこちら
インターネット予約に関する内容 提携バナー 提携バナー 提携バナー

一般歯科

虫歯の治療


検診後、虫歯の治療を行います。

初診時に検診を必ず行います。
虫歯が発見された場合は、削る量を最小限に抑えるために、早急に処置を行う必要があります。初期の虫歯は除去して代替材料(合成樹脂・金属・セラミック等)を詰めます。虫歯が神経まで達している場合は、神経を除去し、消毒を行います。

抗生物質の混合剤の使用により、歯の神経を守る3-Mix・mp法も実施しております。

虫歯の進行と各段階の治療法

C1:う蝕(虫歯)がエナメル質を侵蝕した状態
症状エナメル質には知覚(感覚)が無く、症状はありません。稀に冷たいものがしみる。
治療法合成樹脂(白い詰め物)による充填修復
治療前→治療後
C2:う蝕(虫歯)がエナメル質を侵蝕、貫通し、象牙質まで波及した状態
症状冷たいもの(時々熱いもの)がしみる。歯ブラシが当たると痛い。食べ物が詰まりやすくなった。※症状が出ない場合も有り
治療法う蝕(虫歯)部分が限局的な場合は、合成樹脂(白い詰め物)を充填します。修復範囲が大きく、修復物に強度が要求される場合は、メタルインレー(金属)による修復を行います。
治療前→治療後
C3:う蝕(虫歯)がエナメル質、象牙質を貫通し、内部の歯神経にまで達した状態
症状冷たいもの、熱いものが強くしみる、自発痛(ズキズキとした痛み)、咬み合わせると痛みが発現する。
治療法1. 歯の神経が残って痛む場合(歯内療法)
2.歯の神経が死んで根の先に感染を起こした場合

1. 歯の神経が残って痛む場合(歯内療法)

  1. 歯内療法1初期のむし歯(C1~C2)
    歯の神経を残したまま積める(充填)
  2. →
  3. 歯内療法2さらに重症化(C3~C4)すると歯内療法が必要となる。
  4. →
  5. 歯内療法3歯の神経を取った後に根の長さを測る。(歯内療法の成否を握る重要な処置であるが、なかなか難しい作業)
  6. →
  7. 歯内療法4歯の神経を取った部分を広げて清掃と消毒を行う
  8. →
  9. 歯内療法5根の中に薬を入れ、消毒を数回繰り返す。
  10. →
  11. 歯内療法6歯の神経を取った後を薬剤等で密封する
  12. →
  13. 歯内療法7-1
    充填(歯に詰めものをする)。
    歯内療法7-2冠をかぶせる。

2. 歯の神経が死んで根の先に感染を起こした場合

  1. 治療1むし歯が重症化(C3~C4)すると
    歯内療法が必要となる。
  2. →
  3. 治療2以前治療した歯が再度痛みだした場合、
    歯内療法が必要となる。
  4. →
  5. 治療3歯の神経を取った後に根の長さを測る。(歯内療法の成否を握る重要な処置であるが、なかなか難しい作業)
  6. →
  7. 治療4汚染された歯の根の部分を広げて清掃と消毒を行う。
  8. →
  9. 治療5根の中に薬を入れ、消毒を数回繰り返す(症例により長期にわたる)。
  10. →
  11. 治療6消毒が終わった後に
    薬剤等で密封する
  12. →
  13. 治療7症例によっては、
    金属の土台を入れる。
  14. →
  15. 治療8冠をかぶせる。
C4:う蝕(虫歯)がエナメル質を侵食、貫通し、象牙質まで波及した状態
症状強い痛みが発現し、膿が排出する、歯ぐきに強い炎症・腫れが出る、食事時に痛み、摂食困難など。
治療法薬の内服による炎症の抑制を行った後、最終的に抜歯となります。
C4の歯

補綴物について

補綴治療 ~冠・ブリッジ・ラミネートベニア・部分義歯・総義歯の製作~

当クリニックでは、各ステップの細部にこだわった精度の高い補綴物を提供致します。
詳細については、補綴物のメニューをご覧ください。

  • 精度の高い
    型採り過程
  • 技工所による
    高品質な
    補綴物の製作
  • 的確で理にかなった
    調整・接着力の
    強力な
    セメントでの装着
  • 定期的な
    メンテナンス
    クリーニング
  • 補綴物の長期安定を実現

補綴物のメニュー

白いインレー
(つめもの)
セラミックインレー 白いインレー写真
金属を使わないセラミックスだけでできたつめものです。
より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
ハイブリットセラミックス 白いインレー写真
セラミックスの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。保険のプラスチックのつめものよりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。
金属のインレー ゴールドインレー 金属のインレー写真
金合金で作られています。金合金はしなやかで歯との適合性もよく、天然歯に近い硬さで噛み合う歯を傷めませんし、歯茎との境目も黒くなりません。噛む力の強い奥歯での使用に向いています。
銀歯(保険) 金属のインレー写真
いわゆる「銀歯」です。噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることもあります。
ラミネート
(貼りつけ)
ラミネートべニア ラミネート写真
できるだけ歯を削らずにセラミックスの薄片を歯の表面に貼りつけます。生まれつき歯が変色していたり、歯が欠けたという悩みを解消します。より自然な色あいと形を再現し、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
コア ファイバーコア コア写真
天然歯と同じ位の硬さで、弾力性のあるグラスファイバーを使用した土台のため、歯根を破折から守ってくれます。また、金属アレルギーの心配もなく、光が透過するので、オールセラミックスと組み合わせて使用することにより、透明感のあるより天然歯に近い色調を再現します。
メタルコア(保険) コア写真
金属を使用した土台です。噛める機能は変わりませんが、横から強い力を受けた時、金属の土台は、硬く強いため、歯がしなることができず、歯根が折れてしまうことがあります。また、歯茎の色が黒ずんだりすることもあります。
白いクラウン
(冠)
セラミッククラウン 白いクラウン写真
金属を使わないセラミックスだけでできたかぶせものです。より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
メタルボンド 白いクラウン写真
金属の上にセラミックスを焼き付けたもので、強度に優れ保険のプラスチックのかぶせものとは異なり、擦り減らず、変色もありません。
ハイブリットセラミックス 白いクラウン写真
セラミックスの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。保険のプラスチックのかぶせものよりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。金属の上に重ねて作る方法と、強化繊維を入れて補強して金属を使用せずに作る方法があります。
硬化レジン(保険) 白いクラウン写真
樹脂を素材にしたかぶせもの。永年使用していると、変色したり、擦り減ってしまうことがあります。力のかかる奥歯については補強する金属を使用することができないという制限があります。
金属のクラウン 銀歯(保険) 金属のクラウン写真
いわゆる「銀歯」です。噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることもあります。
部分入れ歯 金・プラチナ 部分入れ歯写真
昔から体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ピッタリ合いやすく、お口の中では心地良い接触感です。
いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。金属のしなやかさがバネをかける歯のダメージを少なくします。
純チタン・チタン合金 部分入れ歯写真
チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり用途に応じて使い分けをします。
シリコン・チタン 部分入れ歯写真
バネ(止め具)の部分に金属を使用しないため、見た目に優れている。柔軟性のある歯科用プラスチックを使用し、外から見えない部分にシリコンを使用。強度・軽さ・耐食性・耐熱性に優れている。金属アレルギーを起こしにくく金属味がほとんどしない。
超硬質
コバルトクローム合金
部分入れ歯写真
永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。
超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。一つずつ丹念に人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこし、プラスチック部分も自然な色に仕上がります。
コバルトクローム合金 部分入れ歯写真
永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。
金属床の基本的な良さを生かしつつも、歯にかかるバネのデザインを限定するなどして、お求めやすい入れ歯になっています。
プラスチック 部分入れ歯写真
保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
総入れ歯 金・プラチナ 総入れ歯写真
昔から体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ピッタリ合いやすく、お口の中では心地良い接触感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。
金属は再利用も可能です。
純チタン・チタン合金 総入れ歯写真
チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり、用途に応じて使い分けをします。
シリコン 総入れ歯写真
粘膜面側に柔らかい生体用シリコンを使用し、噛むときの負担をやわらげ、痛みを軽減します。入れ歯の吸着力を向上させます。金属を使用することで適切な強度を確保できます。
超硬質
コバルトクローム合金
総入れ歯写真
永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。
超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。一つずつ丹念に人工歯の埋め込み部分を金メッキをほどこし、プラスチック部分も自然な色に仕上がります。
コバルトクローム合金 総入れ歯写真
永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。
金属床の基本的な良さを生かしたお求めやすい入れ歯です。
プラスチック 総入れ歯写真
保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

補綴(修復)治療の流れ

1. 欠損修復(補綴)の治療の流れ [ブリッジの場合]

  1. 模型の作製患者さんの歯形を取った模型を見ながら、ブリッジの設計や支台歯の並行関係やダミー歯の清掃しやすいデザインなどを検討する。
  2. →
  3. 支台歯の形成支台歯が平行となるように形成する。ブリッジの強度、かみ合わせの状態などに配慮する。
  4. →
  5. ブリッジ作製のための型取り支台歯の形成を終えた患者さんの歯並びの型を精密に取る。
  6. →
  7. かみ合わせを調べる型取りの模型でかみ合わせを再現するために患者さんのかみ合わせの状態を調べる。
  8. →
  9. 咬合器にかみ合わせを再現患者さんのかみ合わせの状態を再現するために咬合器につける。
  10. →
  11. ブリッジの作製ろうでブリッジの形を作り、金属に置き換える。
  12. →
  13. 口の中に仮装着ブリッジを患者さんに仮装着して、かみ合わせのチェックをする。
  14. →
  15. ブリッジの装着ブリッジの適合や清掃性などをチェックしてから接着する。

2. 欠損修復(補綴)の治療の流れ [部分入れ歯の場合]

  1. 模型の作製患者さんの歯形を取った模型を見ながら、入れ歯の設計やデザインを検討する。
  2. →
  3. バネ設定の形成入れ歯のバネをかける歯に、しっかりとした支えができるように窪みを形成する。
  4. →
  5. 入れ歯作製のための型取り患者さんの口の中の型を正確に取る。
  6. →
  7. かみ合わせを調べる型取りの模型でかみ合わせを再現するために患者さんのかみ合わせの状態を調べる。
  8. →
  9. 咬合器にかみ合わせを再現患者さんのかみ合わせの状態を再現するために咬合器につける。
  10. →
  11. 入れ歯の金属部分の作製入れ歯のバネや連結装置などの金属部分を作製する。
  12. →
  13. 入れ歯の完成人工の歯や歯肉の部分を合成樹脂で補って、入れ歯を完成する。
  14. →
  15. 入れ歯の装着完成した入れ歯を患者さんの口の中に装着して、かみあわせや適合を調整する。

3. 欠損修復(補綴)の治療の流れ [総入れ歯の場合]

  1. 模型の作製患者さんの口の中の型を取った模型を見ながら、顎の形やデザインを検討する。
  2. →
  3. 入れ歯作製のための型取り患者さんの口の中の型を正確に取る。
  4. →
  5. かみ合わせを取る歯が失われているので、かみ合わせの高さを取る。
  6. →
  7. かみ合わせを咬合器に移す型取りの模型でかみ合わせを再現するために患者さんのかみ合わせの状態を調べる。
  8. →
  9. 入れ歯に使う人口歯を選ぶ人工歯は形態や大きさや色などがいろいろあり、患者さんに合わせて選択する。
  10. →
  11. 人口歯を並べて入れ歯を作製する患者さんに合わせることで、より調和のとれた入れ歯が作製できる。
  12. →
  13. ろう入れ歯から本物入れ歯へ歯肉の部分をろうから合成樹脂に変えて入れ歯を完成する。
  14. →
  15. 入れ歯の完成完成した入れ歯を石膏から取り出す。
  16. →
  17. 入れ歯の装着完成した入れ歯を患者さんの口の中に装着して、かみあわせや適合を調整する。日を変えて繰り返しの調整が必要となる。
このページの上部へ