• 医療法人 孝陽会 求人情報(歯科医師・歯科衛生士・受付・歯科助手)見学会・体験会も開催!

医療法人 孝陽会|戸谷歯科クリニック

院長からのご挨拶

戸谷歯科クリニック院長の戸谷孝洋

歯科医療も日進月歩で進化しています。そのトレンド、最新技術を研究し、日々の診療に反映させるべく努力しております。治療・口腔ケアの両面でベストなものを提供できるよう…

院長からのご挨拶の続きはこちら
インターネット予約に関する内容 提携バナー 提携バナー 提携バナー

カテゴリ『矯正』の一覧

痛みの少ないマウスピース矯正はメリットがたくさん

一般的に、歯科矯正は出っ歯や受け口など歯並びが悪い方への治療方法です。 今でも歯科矯正=歯の表側にワイヤーの矯正器具を装着するイメージを持っている方は多いと思います。 ワイヤー矯正は、歯の表側に装着する場合と裏側に装着する方法、それぞれあります。 いずれにしても、ワイヤーの力で歯を動かすのは痛みを伴うこともあり、嫌がる方も多いです。 しかし近年、ワイヤー型の矯正器具に代わり、インビザラインと呼ばれる痛くないマウスピース矯正が人気となっています。   マウスピースのメリット   このマウスピース矯正は一度に動かす歯の距離が短いために、歯に対して無理な力を加えません。 痛みが少ないだけでなく、人によってはまったく痛みを感じない方も多いです。 マウスピースを装着したことのない方にとっては、マウスピースが厚くて装着したときの違和感が心配だと思う方もいらっしゃいます。しかし、実際の厚みはかなり薄くて気にならない程度です。 またワイヤー型は一度装着すると一日中付けたままになってしまいますが、マウスピース型の場合は食事や写真撮影のときなど自由に取り外すことが可能です。 ワイヤー…
続きを読む

小児矯正をする歯科の選び方

小児矯正をする歯科を選ぶ方法について頭を悩ませている方も多いのではないのでしょうか。 医療行為であるために、選ぶときは慎重に選びたいものです。 小児矯正をする歯科の選び方ですが、基本的に経験の豊富なところがおすすめです。 普通の歯科よりは、「矯正歯科専門開業医」を選ばれることを強くおすすめします。   矯正歯科を担当している医師が、常勤の方であるかも確認もしておいたほうが良いでしょう。 また歯を抜かずに治療できるという宣伝をしているところは、気を付ける必要があると言われています。 なぜなら、本当に抜歯をせずに済むかどうかの判断は、精密検査や診断を綿密に行う必要があるからです。 そのような精密検査もせずに安易に「抜かずに治療できる」と断言する歯科には要注意です。   一般的に、歯を抜くのは非常に恐ろしいと感じてしまうものです。 更にお子さんであれば、できれば抜歯をすることなく治療できればそれが1番だと考える親御さんも多いでしょう。 しかし本当に抜歯が必要か否かは診察が必要である点から、誠実に治療するところを選ぶことが大切です。 お子さんにより適切な小児矯正医を選ぶよ…
続きを読む

歯の矯正は医療費控除の対象になる?

医療費控除とは、該当する1年間(1~12月)の間に支払った医療費が「10万円を超える」場合に、すでに納めている税金の一部が戻ってくる仕組みです。 取り戻すためには還付申請(確定申告の手続き)を行う必要がありますが、生計を一にする家族の分も合算することができますので、家族でかかった医療費の総額を計算する必要があります。 これは扶養関係がなくても関係ありませんので、たとえば共働き世帯で扶養になっていなくても、かかった医療費は合計し、該当するようなら収入の多い方が申告することで税金を取り戻すことが可能です。 ただし気になるのは、歯の矯正が医療費控除の対象になるかという点です。 まず、発育過程の子どもの場合、歯や顎の正しい成長に必要なため医療費控除の対象になります。 一般的に中学生くらいまでであれば認められますが、判断は管轄する税務署に確認しましょう。 成人の場合でも、咀嚼や発音に悪影響が及ぶといった機能障害が認められる場合、控除の対象とされます。 ただ機能障害は認められず美しさを主目的とする場合は、医療費控除の対象になりません。   申告時に診断書の提出が必要ですので、まずは歯科医…
続きを読む

痛みの少ない矯正を選ぶなら☆

こんにちは! 戸谷歯科クリニックの戸谷です。   美しい歯並びに整えるためには、矯正治療が効果的です。 矯正の一般的な治療方法(ワイヤー矯正)としては、歯の表面にワイヤーを取り付け、少しずつ歯を動かしていくものが挙げられます。 この場合は、比較的早く歯を動かせるのがメリットですが、装置を付けた直後や調整のときには痛みを感じやすい傾向にあります。 食事をするときもワイヤーが付いたままなので、噛み合わせるときに痛みを感じるという人も少なくありません。   矯正は長期的な治療になりますので、痛みに我慢できるかどうかは不安と感じている人もいてらっしゃるのではないかと思います。   ワイヤー矯正では上記の不安などがあると思いますがマウスピース矯正による矯正もございます! マウスピース矯正は透明で目立たないことで人気となっていますが、一度に歯を動かす距離が短いので、痛みを感じにくいとされています。 そして、ワイヤーが使われていないので、より痛みも少なく済みますし、食事のときには取り外すこともできます。 矯正治療中は口内炎などが起きやすいとされていますが、マウスピースは…
続きを読む

マウスピース矯正は痛みが少ないのが魅力です☆

こんにちは! 院長の戸谷です!   不正咬合や叢生などで悩んでいる人は、歯列矯正の治療を受けたい人が数多くいてらっしゃいます。   ワイヤー矯正ですと、ワイヤーや留め具を使った、従来の表側矯正は力が加わるので、多少の痛みを感じることがあります。 なるべく体に負担の少ない治療を受けたいといった方には、マウスピース矯正を当院ではおすすめしています。 マウスピース矯正は透明なマウスピースを装着させて、正しい位置に歯を動かす治療法です、10日に1回程度マウスピースを調整するので、表側矯正に比べると痛みが少ないのが特徴です。 マウスピースは取り外しができるので、食事が制限されることがなく、ストレスが少ないのが魅力といえるでしょう。 マウスピース矯正のメリットは痛みが少なく、施術後の後戻りが少ない点があります。 表側矯正に比べると、口を開けたときにワイヤーや留め具が見えないので、審美性にも優れていて、極端に歯並びが悪くない場合は、ほとんどの人が施術を受けることができます。 当院に初めて矯正でお越しいただいた方は初回の診断費用がかかりませんのでお気軽にお越しください。 …
続きを読む
このページの上部へ