• 医療法人 孝陽会 求人情報(歯科医師・歯科衛生士・受付・歯科助手)見学会・体験会も開催!

医療法人 孝陽会|戸谷歯科クリニック

院長からのご挨拶

戸谷歯科クリニック院長の戸谷孝洋

歯科医療も日進月歩で進化しています。そのトレンド、最新技術を研究し、日々の診療に反映させるべく努力しております。治療・口腔ケアの両面でベストなものを提供できるよう…

院長からのご挨拶の続きはこちら
インターネット予約に関する内容 提携バナー 提携バナー 提携バナー
戸谷歯科クリニック スタッフブログ

全身にも関わる歯周病とは・・・

カテゴリ:歯周病 
  • LINEで送る
歯周病は放置していても自然に治る病気ではありません。
必ずかかる病気というわけではありませんが、プラークや歯石を毎日きちんと除去できず、定期的な歯科検診も受けていないと発症率が高くなってしまいます。
 
プラークというのは膨大な数の細菌とその産生物からできている汚れで、かなり頑固に歯に付いているので、毎回しっかり歯ブラシで除去しましょう。
 
細菌_位相差顕微鏡.jpg
 
口の中は微生物や細菌の繫殖しやすい場所なので、近年の研究では全身の健康にも深く関わることが指摘されるようになりました。
逆に、体内のなんらかの病気が原因で歯の周囲組織に病状が出ることもあります。
ホルモン分泌の増減、喫煙などで歯周病になっても治りにくいケースがあるため、厳重に注意が必要です。
口は外から体内へ物を運び入れる場所ですので、そこで細菌が増えてしまうと呼吸器や血液の中にそれが入り込み、肺や心臓、血管など臓器に病気を引き起こしやすくなってしまうのです。
歯周病にはかかりやすい条件があり、歯並びが悪く口腔ケアがしにくく、喫煙などの生活習慣、糖尿病などの病気、遺伝的影響などは要因になると言われます。
致し方ない部分もありますが、該当するマイナス要因は極力少なくなるよう、自分でも努力しましょう。
また、妊娠中はホルモン分泌の影響で歯肉の炎症が起こりやすくなっていますので、妊婦さんは十分注意が必要です。
 
歯周病は歯医者でチェックしてもらい、定期的なメンテナンスを受けることをお勧めします!
  • LINEで送る
このページの上部へ