今日は2月20日 月
平日(月~金)は夜8時半まで診療しています
    医療法人 孝陽会 求人情報(歯科医師・歯科衛生士・受付・歯科助手)見学会・体験会も開催!

院長からのご挨拶

[院長]戸谷 孝洋

歯科医療も日進月歩で進化しています。そのトレンド、最新技術を研究し、日々の診療に反映させるべく努力しております。治療・口腔ケアの両面でベストなものを提供できるよう…

院長からのご挨拶の続きはこちら
インターネット予約に関する内容 提携バナー 提携バナー 提携バナー
  • home
  • 記事一覧

記事一覧

戸谷歯科のフッ素について・・・

こんにちは。 戸谷歯科クリニック・衛生士の野玉です。   6月4日からの1週間は歯と口の健康週間ですね! 各メディアでも話題になったり、学校でも歯科検診があったりと歯への関心が高まります。 当院にも、検診結果の用紙を持ってのお子様がたくさん来院して頂いて賑やかな診療室になっています。 残念ながら虫歯が見つかっての来院となるのですが、今後は虫歯にならないように予防が大切ですね!   虫歯予防といえば・・・もちろん毎日の歯磨きですが、それに加えてフッ素もかなり効果的です。 戸谷歯科では、2種類のフッ素をご用意しています。   1:塗るタイプのフッ素・・・ フルオールゼリー(歯科用2%フッ化ナトリウム) 塗るだけで簡単!りんご味でお子様にも好評です。塗布後30分は飲食禁止です。 2:イオン導入のフッ素・・・ パイオキュアー(専用器具により歯科用2%フッ化ナトリウムをイオン導入) トレーを噛んで上下各3分間イオン導入によりしっかりフッ素を浸透させます。 施術後は、歯にフッ素が浸透していますので、すぐに飲食可能です。 3~6ヵ月ごとの施術をおすすめしています。 &n…
続きを読む

平成27年度・大阪市歯科保健推進事業の講演会のお知らせ

カテゴリ:講演 
3月14日(土)の13時より 公益財団法人田附興風会 北野病院 5F大ホール(地下鉄谷町線 中崎町駅・JR大阪環状線 天満駅から約7分)にて大阪市歯科保健推進事業の講演を行います。     講演内容は『誤えん性肺炎を予防する口腔ケアと食事の工夫について』です。     講師は私、戸谷孝洋と当院スタッフの言語聴覚士・味元[摂食嚥下リハビリテーション学会認定士・LSVT loud 認定士]と歯科衛生士・安陵[摂食嚥下リハビリトレーナー]で行います。   講演の内容は下記のとおりとなっております。   1. 毎日の正しい口腔ケア 2. 歯間ブラシと電動歯ブラシを正しくつかおう 3. 誤えん性肺炎を早期に予防し、健康な毎日を 4. 誤えんの少ないバランスの取れた食事の工夫   この度の講演は大阪市の協力のもと、毎年開催されている事業です。   大阪市民の方々の歯とお口の健康推進、歯科に関する知識の向上を目的としており、歯科に関する相談会も実施します。     この講演会の参加費用は無料でご自由…
続きを読む

信頼できるインプラントクリニックの選び方

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム インプラント 
現在、多くのクリニックがインプラント治療を標榜しています。中にはインプラント治療だけを専門とするクリニックもあります。ただ、約9割の診療所はインプラントの手術実績が年間10例未満なのが現実です。 インプラント治療は、歯科医師のライセンスがあれば、どの歯科医師でも手がけることはできます。ところが、インプラント治療は、全体の治療計画の立案に多くの経験と知識を要します。不完全な計画の上に実行されたインプラントには、様々な危険が潜んでいます。 インプラントクリニックを選ぶポイントは、 1.インプラント10年完全保証がある インプラント本体について、10年完全保証を行っていることが条件です。保証制度はクリニックの姿勢・誠実さを図る重要なバロメーターです。10年保証を謳っていても、一定年数がたてば自己負担がどんどん増えていくクリニックもありますので、注意が必要です。 2.少なくとも5年以上の経歴、年間20例以上のインプラント実績がある 最低でも年間20例以上の手術実績があるクリニックをお奨めします。治療計画の内容が優れており、よく噛めて清掃もしやすく、見た目も審美的な満足度の高いインプラント提案を…
続きを読む

日本外傷歯学会にて、歯の外傷に関する発表をしてまいりました。

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム 学び・考え 
私は日本歯科医学会の専門分科会の一つ、外傷歯学会に在籍しており、理事を拝命しております。 先日は埼玉県の防衛医科大にて、日本外傷歯学会総会が開催されましたが、私は7月21日に口演発表をしてまいりました。テーマは「戸谷歯科における歯の外傷の臨床学的考察」についてです。 通常、歯の外傷(外的要因による口や顔面の受傷)は、10歳未満のお子さんに非常に頻度が多く、乳歯の場合は脱臼や動揺が多いのですが、すばやく対応することにより、ほとんどの場合は歯を残すことが可能です。ただ、その為には、歯の外傷に関する様々な臨床的知識と経験が必要です。 成人でも衝突・交通事故・スポーツなどで歯の破折などにより歯に亀裂が入ったり、縦に折れてしまったりといったことに遭遇しますが、安易に抜歯をせず、残すために最善の処置をするように心がけております。 一方、咬合性外傷(過剰な噛み合わせによる歯の負傷)については、40代以降に頻度が目立って増えてまいります。40歳を超えると目・肩・腰・膝など、全身の随所に少しずつ不具合が出てくることは私も実感しておりますが、お口の中も例外ではありません。定期的な口腔クリーニングとチェッ…
続きを読む

インプラント学会にて「骨の再生」について症例発表を行いました

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム インプラント 学び・考え 
2013年7月7日(日)に東京コンファレンスセンターにて、歯科学研究所インプラント学会が開催され、私は「骨の再生を利用した審美的インプラント」について発表をしてまいりました。 歯科学研究所は、メデントインスティテュートという全国的なインプラントグループを母体とするインプラント学会で、毎年7月に100名近くのインプラント認 定歯科医師・認定歯科衛生士が集って研鑽を積んだり、最新の知識を共有したりしながらインプラント技術のレベルアップを図ります。 インプラ ント治療の中でも前歯の審美的インプラントは難易度が高く、抜歯によって失われた骨組織をどうやって回復させるかが成功のポイントとなってくるのですが、 その中で、自己血液を主成分として、その中に骨誘導成分を混合して骨欠損部に入れていく「骨再生療法」が有効であることを確認しましたので、今回はそのメ カニズムと治療方法について紹介をいたしました。 骨の薄い部分にインプラントを入れる場合は骨を作ること、そして非常に高精度なインプラン ト植立技術が必要です。その為に最近では、CT 撮影した画像を利用したガイドプレートを用いながら手術をすることが多くな…
続きを読む

インフルエンザ・風邪の予防にも強力な効果<パーフェクトペリオ>

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム 歯周病 
パーフェクトペリオ・ウォーターという歯周病治療薬をご存知でしょうか。栃木県のパーフェクトペリオ研究所と東京医科歯科大学・保存学教室(田上教授・マーティン・カーライル先生)が共同開発した、歯周病治療用のうがい薬です。 特徴としては、成分の次亜塩素酸が強力に歯周病菌を殺菌することにより、短期間に歯周治療に成果が上がることです。他のうがい薬が極めて緩やかな消毒効果しか無いのに対し、パーフェクトペリオは破壊的に歯周病菌を殺菌します。皆様がよくご存知なのは、イソジンのうがい薬やリステリンなどでしょう。皆様からも、これらの市販薬との違いを良く訊かれますが、最大の特徴は殺菌効果の切れ味が非常に良いということです。 私は日常的に、ブラッシングを終えたあとに必ずパーフェクトペリオでうがいします。これはブラッシングで取りきれなかった歯周病菌を殺菌するためです。これをすることによって、口の中のヌメリがきれいに取り去れます。口臭も本当に見事に消去されます。 あまり知られていませんが、パーフェクトペリオは、インフルエンザや風邪の予防にも非常に効果を発揮します。特に冬場は、私は口の中だけではなく、喉の方も一緒にう…
続きを読む

戸谷歯科クリニックはカウンセリングと治療計画のご説明を大切にします。

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム 戸谷歯科の取り組み 
戸谷歯科クリニックでは、ご来院いただいた患者様とのカウンセリングを大切にしております。 患者様に現在どのようなお悩み・問題点があって、それをどのように改善されたいのか、時間をかけてヒアリングさせていただいております。 当院は担当歯科医・担当コーディネーターが一人ずつつかせていただく体制をとっており、その上でレントゲン・CT 撮影・歯周ポケット検査・咬合診断等、詳細な診査を行い、歯科検診結果ご報告書を発行させていただきます。 戸谷歯科クリニックの歯科検診結果ご報告書には、以下の項目が含まれています。 1. 残存歯数・欠損歯数 2. 虫歯に罹患している本数・場所 3. 現在お口に入っている冠・義歯の状態 4. 歯周病により動揺している歯数・要抜歯と判断される歯数 5. 咬合の状態診断 6. 口腔内の清掃状況・歯肉の炎症の有無・状態 7. 歯石の付着量・分布 8. 患者様のご希望についての治療方法(インプラントの治療法) 9. 治療計画(回数・期間)のフローチャート 10. 治療終了の予定日 11. 治療に要するご費用(保険・保険外治療双方について) 各項目につきまして、担当歯科医又は担当コ…
続きを読む

日本外傷歯学会にて、発表を行ってまいりました。

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム 学び・考え 
先日は岐阜県の朝日大学にて、日本外傷歯学会・総会及び学術大会が行われました。 私は外傷歯学会の理事を拝命しており、総会では医療問題についての日本歯科医学会の報告、学会では「フロアブルコンポジットレジンの5級窩洞での適合性と歯質接着性の研究」と題して発表を行ってまいりました。 最近の歯冠修復材料の開発は目覚ましいものがあり、様々な改良が加えられることにより、耐久性・長期経過の成績が向上しています。 インプラント技術以外でも、保険治療に使用される材料においても各メーカーが競って品質改善を行っており、どのメーカーのどの材料・器材を用いるかによって、仕上がり・出来映えや耐久性に差となって現れます。 私どもは常に信頼性の高い情報を常に確認し、患者様に最善・最良の治療を受けていただけるよう心がけております。 当クリニックでは外傷歯学会認定医が常時在籍しており、急な外傷に対しても万全の処置ができるよう、体制を整えております。 お子さんがスポーツで思わぬ口腔内を怪我してしまった、またはご高齢の方が転倒により歯が破折した、などの緊急時にも対応させていただきますので、その際は速やかにご連絡のほどお願いいた…
続きを読む

ノンクラスプ義歯(金属バネの無い義歯)の耐久性は?

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム その他歯科 
最近、当歯科クリニックに歯の治療のご相談に来られる方のお話によく出てくるのが、スマイルデンチャー(バネの無い義歯)のお話です。特にインプラントのカウンセリングをお受けになられたときに、インプラント治療ができない場合の対処法として、提案をお受けになる場合があります。 そもそも、ノンクラスプ義歯とはどんな義歯なんでしょうか。これはポリカーボネート等が材料となっており、非常に軟らかく、上の写真のように指でつまむとフワッとたわむほど軟らかいのが特徴で、審美的に優れているのが特徴です。 反面、維持力が弱く、食事をするとお口の中でフワフワと動くため、咬みにくかったり、義歯の内面にものが詰まったりしやすいため、実用面ではやや問題があります。また、義歯床が軟らかいため、たわんで歯ぐきに食い込み、痛みが出やすい欠点があります。 また、義歯の素材が軟らかすぎるため、歯ぐきが痩せたときに裏側に材料を張り替えたりすることができず、割れた時の修理も非常に困難です。義歯本体がよく動くため、修理材料が義歯に引っ付かないからです。 その他に義歯の維持が緩くなりやすい、割れないように厚みが分厚い、などの欠点があり、さま…
続きを読む

「人生に無駄な経験はひとつもない」

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム 学び・考え 
先日、ある勉強会にて松下政経塾の塾長・上甲晃先生の「人間としての心構え」についての講演を聴いてまいりました。  松下政経塾についてはよくご存知の方が多いと思われますが、現パナソニック株式会社創始者・松下幸之助様が創立した政治塾で、今の野田総理をはじめとして、一線で活躍する多くの政治家を輩出している政治実践団体です。  その中で、特に強く感銘を受けたのは、「人間は弱みに救われ、強みにつまづく」という言葉でした。  松下幸之助様は、幼少時から体が弱く、学歴も小学校4年中退のため、重要な仕事も部下に任せるしかできなかったそうです。そこで、彼は人を育てる超一流の経営者に成長されることにより、弱点を克服されたそうです。逆に自分の得意分野・長所の部分は往々にして自信過剰につながり、逆に短所となったりあだとなったりすることが何と多いことでしょう。  人は過剰な自信があると、あたかも自分の力だけで何事も達成できると過信してしまい、失敗につながることが多いと思います。自分に謙虚で、仲間や同僚、先輩後輩に素直に教えを乞い、そして自分流にアレンジして活かしていく、その積み重ねが着実な成長の糧となるのではな…
続きを読む

夏フェス「サマーソニック大阪」に行ってまいりました。

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム 戸谷院長の趣味 
今年の8月18日、19日に日本最大のロックフェスティバル「Summer Sonic 大阪」に行ってまいりました。 私は中学生頃から洋楽のファンで、ビートルズやデヴィッドボウイ、ロッド・スチュワートなどを聴きながら育ちました。サマーソニックには毎年参加しております。いつも8月の2週目あたりの土日に開催され、野外で炎天下なので、あやうく熱中症になりそうになりながら踊りまくるオーディエンスで一杯となっています。私にとっては「魂の休息・魂の洗濯」のようなものです。 今年は1日目がジャミロクワイ・リアーナ・ケシャ・国内からはパフュームやプリンセスプリンセスなどが出演していましたが、大雨でいくつかのステージが中止になったりしたようです。今年は別の音楽フェスティバルで落雷による被害者が出るなど、色々なことがありました。 私は2日目の日曜日に妻・友人・スタッフ達と参加しました。今年も例年のようにすごくハッピーな盛り上がりで、本当に楽しい時間を過ごしました。中でもトリの一つ前の「フランツ・フェルディナンド」が最近少なくなった音の太いソリッドなR&Rで、音圧と切れ味の良いヴォーカルに圧倒されまし…
続きを読む

キッザニアデンタル「ハッピー探検隊」開催!

カテゴリ:その他歯科 
当クリニックでは、年間の様々なイベントを通じて、歯の健康・お口の健康に興味を持っていただけるよう、色々な企画をしております。 その中でも、先日開催した「戸谷ハッピー探検隊」はお子様とお母様・お父様に「歯医者さん体験が楽しかった!」と、大変好評でした。 内容は、まずスタッフが虫歯にならない方法について、パウチ人形を使って楽しく解説します。その後に、お口の中を大きいモニター画像で確認したり、模型で虫歯になったところを合成樹脂で治療したり、自分の指の型取りをしてみたり、石膏を流してみたりなど、様々な歯科職業体験をしていただきました。 お子さん達は歯医者に来たということで緊張されていましたが、イベントが進むにつれて興味津々となり、最後には「私は大人になったら歯医者さんになって、ここで働くことに決めた!」と言ってくれるお子さんまでおられました。お子さん、親御さんだけではなく、スタッフ達にとっても得難い体験をさせていただきました。 10月下旬には、去年に引き続き、「ハロウィンイベント」を開催予定です。お越しになられた際は、"trick or treat!"(トリック オア ト…
続きを読む

無痛歯周治療「ペリオウェーブ」で歯周病を短期改善

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム 歯周病 
戸谷歯科クリニックでは、歯周治療、インプラント手術後の歯周メンテナンスなどに、新歯周病菌殺菌システム「ペリオウェーブ」を導入しています。   私たちのお口の中には、約500種類の細菌が活動しており、その細菌数が体の免疫力でコントロールできる数以上に増えてしまうと、歯ぐきの腫れ、骨の吸収、膿みの袋の形成、歯の揺れが出てくる、口臭の発生など、様々な問題が生じてきます。ご自身の歯だけではなく、ブリッジやインプラントの周囲も細菌が増えすぎると歯周病が進行し、歯の寿命が短くなってしまいます。   私たちのクリニックでは、歯ぐきをクリーニング後に染色液で歯周病菌を染め出し、ターゲットとなる歯周病菌をレーザー光にて殺菌する光線力学治療を行い、無痛にて短期間に歯周病を治療・改善いたします。   治療法は、まず歯ぐきのポケットを徹底的にクリーニングした後、メチレンブルーを含んだ青色のバイオジェルをポケットの中に注入します。その後、専用のレーザー機器を用いてレーザー光を当てると、バイオジェルが反応して大量の活性酸素が発生し、歯周病菌を殺菌します。   最終的には、歯…
続きを読む

キッザニア・デンタル(歯科)を8月9日に開催します!

カテゴリ:その他歯科 
皆さん、キッザニア甲子園をご存知でしょうか?キッザニア甲子園は、阪神甲子園駅から徒歩10分の所にあり、子供達が様々な職業訓練を通じて学びを得るためのアミューズメントテーマパークです。 職業には銀行員・警察官・郵便局・ガソリンスタンドから医院・歯科医院まで、実に多種多様に渡っており、一つ一つが実にリアルで実際に即した職業訓練をしてくれます。例えば、印刷業であれば、印刷のフォーマット作りや活字の選択、レイアウト、配色などを学べますし、医療では外科手術を行うことができます。 私たちはそこにヒントをいただき、8月9日(木)に「デンタルキッザニア戸谷歯科クリニック」を開院することとなりました。 お母さん(お父さん)とお子さんがペアとなり、お子さんに歯科治療を体験していただけます。普段はチェアに座らされて一方的に治療を受けるだけですが、当日はお母さんの治療(クリーニング)を行います。私たちが使っている回転器具を使用し、お母さんのお口の中をきれいにしてもらいます。 その他には、虫歯になった歯(人工歯)の虫歯を削って除去してもらった後、白い合成樹脂で穴を充填してもらいます!もちろん本物の材料を使います…
続きを読む

話を聞く・伝えることについて

カテゴリ:Dr.戸谷の歯科コラム その他歯科 
あるNPO法人の医院・病院の患者様側と医院側の意識調査がありました。 その中で、「あなたは、病院側から十分な説明を受けて納得しましたか?」という質問がありましたが、 約70%の患者様が「説明が不十分だった」「説明がよくわからなかった」と答えられていました。 同じ質問を医院・病院側にしたところ、約75%の医院・病院が「充分な説明を心がけている」「納得いただけるように説明している」との返答があったようです。 このアンケート結果から、医院・病院サイドは「充分にご納得いただけるように説明している」にもかかわらず、患者様は「説明が不十分でよくわからない」ということが起こっているようです。 人に何かを伝えるには、ある種の技術が必要とされます。それは「気持ちのキャッチボール」をしっかりと行うことです。これは自然にできるものではなく、相手の話をしっかり傾聴しよう、という意思に加えて、相手の話を引き出すために、スムーズで的確なあいづちを打つことだと思います。「あなたの話を聞いているよ、続きをどうぞ!」とアイコンタクトを取りながらメッセージを送り続けることは、簡単なようで、なかなか難しいことのように思いま…
続きを読む
前の5件 1  2  3  4  5  6
このページの上部へ