今日は8月24日 木
平日(月~金)は夜8時半まで診療しています
    医療法人 孝陽会 求人情報(歯科医師・歯科衛生士・受付・歯科助手)見学会・体験会も開催!

院長からのご挨拶

[院長]戸谷 孝洋

歯科医療も日進月歩で進化しています。そのトレンド、最新技術を研究し、日々の診療に反映させるべく努力しております。治療・口腔ケアの両面でベストなものを提供できるよう…

院長からのご挨拶の続きはこちら
インターネット予約に関する内容 提携バナー 提携バナー 提携バナー
  • home
  • 記事一覧

記事一覧

☆入れ歯安定剤を使用方法について☆

カテゴリ:その他歯科 
こんにちは、戸谷歯科クリニック・歯科医師の佐久間です!   最近、入れ歯安定剤を使用している患者様を診察する機会が多くなりました。 それは日本人の平均寿命も延び、患者さんそれぞれによってお口の中の状態も多様化しているためではないかと思います。 入れ歯安定剤は『入れ歯がガタつくようになった』というときに使用されるケースが多いようですが、単に入れ歯が合わなくなったからという理由では使用しません。 具体的には、使用している入れ歯がきちんと適合するように修正済みであるにもかかわらず合わないとき、あるいは、入れ歯を新しく作り替えたのにまだ動いて具合が悪いとき、の場合に初めて入れ歯安定剤の使用を検討することになります。   なぜなら、適切な入れ歯治療・状態確認も無いままに入れ歯安定剤の使用を続けると、   ⇒ 入れ歯が傾いて、噛み合わせを狂わせてしまう ⇒ 噛み合わせが狂ったままで噛み、歯ぐきやそれを支える骨が大きなダメージを受ける(組織が破壊される) ⇒ 口腔内の状態が悪化し、ますます入れ歯の使用が困難になる   といった悪循…
続きを読む

インプラントに懸ける患者様の想い(続)

カテゴリ:インプラント 
こんにちは!! 戸谷歯科クリニックの院長・戸谷です!!     前回に続いて、インプラント治療についてお話させていただきます。 最近では、部分的な1・2本単位のインプラントよりも、お口の中全体にわたって再建するような大きなケースを受け持つことが多くなってまいりました。 今まで長年義歯を使用されていた患者様が、「何とか今までの歯があった頃のように、自由に食べれるようになりたい!人前で堂々と自在に喋れるようになりたい!」と切望されてインプラントのカウンセリングを希望されてます。 私は、責任の重大さを痛感しながら、患者様にとってベストな咀嚼機能の回復はどのようにしたらよいのか、CTレントゲンのデータや歯の位置関係、骨の状態を慎重に見極めながら計画を立案します。 計画の中には、患者様が特に悩んでおられ、改善したい事項を盛り込み、最終的には最善の治療計画と患者様の予算を擦り合わせて計画書を完成させます。 当院では、「治療計画・工程書」として、治療がどのような流れで進んでいき、いつの時点でどこまで治療が進むのか、インプラント後の仮歯はいつ入ってインプラントでの咀嚼がスタートす…
続きを読む

気圧の変化で歯が痛くなる?!

戸谷歯科クリニック・衛生士の野玉です。   当医院は、8月13日(木)~16日(日)までお盆休みをいただきます。 皆さんは夏休みの旅行の計画を立てられていますか?? 長期のお休みのある方は海外旅行に行かれたり、国内旅行でも飛行機に乗られる方も多いのではないでしょうか? でも、残念なことに楽しみにしていた旅行の飛行機の機内で歯が痛くなる方がいらっしゃいます! これは、歯科用語で【航空性歯痛】といって、気圧の変化によって治療中の歯や、むし歯の歯が痛むことがあるそうです。 飛行機だけでなく、標高の高い山での登山やスキューバダイビングなどでも気圧の変化で痛みがでることがあります。 急な気圧の低下により、歯の内側にある空洞(歯髄腔)の気圧とに差が生じてしまい痛みが出ます。 健康な歯であれば気圧の変化は受けにくいのですが、むし歯や治療途中の歯には空洞があり、痛みが出やすくなってしまいます。 楽しみにしていた旅行で歯が痛くなるのは残念ですよね~(>_<) 普段からの虫歯予防、そして治療途中のまま放置することのないようにこまめに歯科医院にはお越しになって、定期的な検診・メンテナン…
続きを読む

歯の印象はとても大事★

今日の担当は歯科衛生士の望月です(*^_^*) 夏本番!!毎日めちゃくちゃ暑いですね~。皆様、熱中症には充分お気を付け下さいね。 先日インターネットで気になるアンケートを見たのでご紹介します。 マイナビニュースの全国の20代~60代の男女1,000名(年齢、性別でそれぞれ100名)を対象にした「異性の印象と歯に関する意識調査」の結果が紹介されていました。   第一位は男女ともにどちらも口元が1位でした(^_^;)異性の肌や髪よりも口元がキレイでないと残念であると感じるんですね。  具体的に異性の口元で気になるのは「口臭」「歯の黄ばみ・着色汚れ」だったんですね(^^;;   しかし歯磨き以外のオーラルケアを行っている人はすごく少ないんです(>_<)  口臭の原因の代表格“プラーク”に対するケア「歯間掃除」などはほとんどの人が行っていない 多くの人が気にしているお口のニオイ。口臭の原因としてはプラークが挙げられるが、実は歯と歯の間のプラークは歯ブラシによる歯磨きでは取り残しが出ることが多く、しっかり除去するためにはプラス &…
続きを読む

インプラントに懸ける患者様の想い

カテゴリ:インプラント 
こんにちは!! 戸谷歯科クリニックの院長・戸谷です!!     当院のインプラントのご相談でお越しいただいた患者様のお話ですが、他院で「骨が薄くてインプラントができない」と言われた患者様が藁をもすがる思いで相談に当院へお越しになられることが多くなりました。   最近では、ベーシックで安全なインプラント手術はかかりつけの歯科医の先生が行われることも多く、かかりつけの先生が植立することができない場合に相談にお越しになられます。   当センターでは、上顎の骨の垂直的厚みが3ミリ以下の困難な方へのインプラント手術を専門分野の一つとして行っています。   通常のインプラント手術では、骨が薄いとインプラントが骨の中に充分な固定が得られず、短期間で外れてきたりすることが多くなります。   また、インプラントの先が上顎洞という骨空洞に突き出した形となり、感染して膿が溜まったり、腫れたりするリスクが飛躍的に高まります。   当院では患者様の血液を採取させていただき、血小板成分を遠心分離して抽出して骨の再生に使わせていただくことにより、…
続きを読む

チーズが虫歯予防になる!?

カテゴリ:最近のニュース 虫歯治療 
こんにちは!! 歯科衛生士の衣川です。   私はチーズを食べるのが大好きで、先日、スマホで検索をしているとこんな驚きの事が書いてありました!!!   それはチーズが虫歯予防になる!?という記事で目を疑いました☆ WHO(世界保健機関)では虫歯になるリスクを減らす食べ物として、シュガーレスガムと並び、硬めのチーズを推奨しているそうで、岩手医科大学歯学部で虫歯予防について研究している教授によれば、チーズには虫歯の進行を抑える効果があるとのことでした。 虫歯は食事をしたときについた歯垢の中にいる細菌が食べ物と糖分を分解して酸が生み出し、この酸が大量に発生することで歯のエナメル質が溶け出し、初期の虫歯になります。 研究によると、チーズを食べるときにチーズに含まれるミネラルが唾液の中にあふれ出し、そのミネラルが酸の働きを弱める効果があるため、エナメル質が溶けるのを防ぎ、虫歯予防になるとのことでした。 まさか!? チーズが!? と思いましたが、気になって他で調べてみると、最新の研究ではチーズに含まれるリン酸やカルシウムが初期の虫歯の再石灰化のパワーを高める効果もあると判明したと…
続きを読む

愛犬の歯石除去に行ってきました☆

カテゴリ:歯周病 
こんにちわ!! 歯科医師の豊田です!!   先日、愛犬のミニチュアダックスの歯石除去に行ってきました。 わんちゃんに歯石除去!?と思われるかもしれませんが、実は犬にも歯石除去があります☆     全身麻酔下でトータル1時間ほどで、   お値段は・・・   2万円くらいでした☆   やはり、人間と違って保険が適応できない分少し費用はかかりますね!!       獣医の先生のお話によると日本で飼われている犬の約8割が歯周病になっているとのことで、人間と同様に重度の歯周病になると歯が抜けてしまうそうです。   特に最近はドックフードも柔らかいものが増え、柔らかいと食べカスが歯に残りやすいため、わんちゃんの歯周病を加速させている要因の一つになっているようです。   ちなみに人間の場合は30歳後半~60歳の歯周病患者は8割くらいなので、年齢は違うものの歯周病になる率は犬と似ています。   愛犬のつるつるになった歯を見ると、歯石除去は大切だなと改めて感じました。   人…
続きを読む

かき氷パーティー♪♪

カテゴリ:訪問診療 
こんにちわ。 戸谷歯科クリニックの金田です!!   先日、訪問診療でお伺いした施設で『かき氷パーティー』をされていました♪♪ 「あずきがええなぁ~」「みぞれにして~」と皆様が思い思いに好きな味のかき氷を注文して楽しまれていて『いい雰囲気だなぁ』と思いました☆   そして、おいくつになられても「美味しく食べること」は嬉しいことなんだなぁと実感しました!   歯科診療の現場では義歯(入れ歯)が合わなくて食べずらい、歯が痛い、歯がしみるなどの食べることに支障がある方も多く、美味しく食べるどころか食べる事自体に支障をきたしている方もいてらっしゃいます。   訪問歯科診療はご高齢でお身体が不自由等の理由で、歯科医院への通院が困難な方のためにご自宅や施設にお伺いして治療を行います。食べることに支障がある患者様にはまた美味しく食べてもらえるように改善し、笑顔で食事を楽しんでもらえることを私たちはつねに願っています!   当院の訪問診療では往診事務センターがございますので、ご相談やご依頼はスムーズに行うことができます! 訪問診療でご不明な点やご質問、ご…
続きを読む

よく噛むことの大切さを改めて気づきました!!

こんにちは!! 戸谷歯科クリニック・歯科衛生士の南瀬です!   訪問診療でのお話ですが、患者様で初診の頃は「生きてても仕方ない」と言ってらっしゃった方がいてらっしゃいました。 義歯(入れ歯)を作成しても 「入れると気分が悪い…」 と始めの頃はおっしゃていましたが、ドクターが気長に無理を強いせずに少しずつ装着時間を延ばすように指導していた、そんな日々が続いたある日のことでした。 「ありがとう、先生が気長に待ってくれたから無理なく義歯に慣れてご飯も美味しくなった。何だか私、若返った気分だし、おまけに健康診断の結果も良くなってたよ。」 と満面の笑みで検診結果を見せてくれました!   その日からは活気ずかれて、最近あまりされていなかったお化粧なされるようになり、マニキュアも塗って、イキイキとされていたので噛めることの喜びがこれほど人生感を変えることに驚き、しっかり噛むことの大切さを改めて教えられました!       よく噛むことを日頃から行うことで、脳への刺激や胃腸の働きも良くなり体調も改善します。 また口の周りの筋肉をつかうこと…
続きを読む

人間の歯とサメの歯の違い!?

初めまして。 歯科衛生士の稲田です。   先週、私は友人とUSJに行ってきました♪♪       4月にも行ったのですがその時に比べると人も少なく晴天に恵まれました(o'v'o)   ただ、気温が熱く熱中症になられる方もいらっしゃったので、熱中症予防の冷却スプレーをドラックストアで購入し、細かく水分も取りながらスプレーを体に吹きかけまくって過ごしました♪ 冷却スプレーが今回は大活躍したので、是非オススメです(o'v'o)   USJには人気のアトラクション『JAWS』がありますが、皆さんは『JAWS』の映画はご存知ですか? スティーヴン・スピルバーグ監督による1975年のアメリカ映画で平和なビーチを襲う巨大人食い鮫(ホオジロザメ)の映画で子供心にすごく怖かった思い出があります! サメの大きな歯は恐怖を増すイメージがありますが、サメの歯は人間の歯と違い、抜けては生えてを何度も繰り返しています! 約2~3日ごとに歯を交換して常に鋭い状態を保っているサメは、一生に2万本以上という歯を使うと考えられてい…
続きを読む

もしかすると、ドライマウスになっていませんか!?

カテゴリ:その他歯科 
こんにちは!! 戸谷歯科の堀川です♪   今回は、口腔乾燥症(ドライマウス)についてのお話させていただきます。   口腔乾燥症とは、唾液の分泌量が低下して、唾液の質に異常をきたすことおで喉がかわいたり、口腔内(お口の中)が乾燥し、痛みや不快感を生じる病気です。         口腔内(お口の中)が乾燥すると、入れ歯が合わなくなる、口臭がする、虫歯ができやすくなる、味覚障害がおきるなどの様々な問題が出てきます!   原因としては、全身疾患(糖尿病、シェーグレン症候群)、精神的なストレス、薬による副作用などが考えられます。   治療法としては、保湿剤によって口腔内を潤す方法、口腔機能訓練法(唾液腺マッサージ)、現在服用中の薬を見直すなどがあります。     口腔乾燥症でお困りの方はぜひ一度ご相談ください! 戸谷歯科では唾液腺マッサージも行っておりますので唾液腺マッサージについてはお気軽に当院スタッフまでお問い合わせ下さい☆     …
続きを読む

歯周病と糖尿病の関係!?

カテゴリ:最近のニュース 歯周病 
こんにちは!! 歯科医師の枡元です☆   凄く暑い日が続いてますね! 世間では熱中症が流行っています。 熱中症は暑い中で脱水により体温調整がうまくいかずに起こってしまいます。 対策としては暑い中に長くいないこと、水分を細目に補給することが大切です!! また、塩分を摂取することも大切ですが、注意しなければならないのが「塩水を飲んでも体内では吸収されにくい」ということです!? 塩水の場合は糖分が入っていないと体にうまく吸収されないようで、オススメなのは汗の成分に近いスポーツドリンクをや補水液などです!! 水分補給せず、塩分のみ補給したい場合は塩飴を推奨します。 ですが、糖分の取り過ぎには注意して下さい!! 糖分の過剰摂取は虫歯になりやすくなるだけでなく、糖尿病のリスクも上がってしまいます。 糖尿病とはインスリンが低下して血液中のブドウ糖が多くなった状態が続き、唾液が少なくなったり、免疫力が低下したりします。 また、糖尿病の人は歯周病がひどくなるケースもあります。さらに重度の歯周病の人は血糖値がなかなか下がらないという相関関係もあります。 糖尿病の他にも歯周病は全身の疾患と関係があ…
続きを読む

現代人は卑弥呼の6分の1?

カテゴリ:歴史 
こんにちは! 歯科衛生士の西田です♪   私は毎朝子供のお弁当を作ってます。   お弁当は野菜中心で、噛むような料理を考えてしています。     「よく噛んで食べる」ことは、健康にとって実に様々な良い効果があります。     卑弥呼や頼朝、家康が活躍していた時代の一回の食事では・・・・ 卑弥呼は、4000回     源頼朝は、2500回     徳川家康は1500回       くらい噛んでいたとか!?     では、今の私たちの噛む回数はどのくらいと思いますか??   平均するとなんと650回くらいだそうです。     昔に比べると今の私たちはあまり噛んでないですね!!       ☆★☆ 噛むことにはメリットがたくさん ☆★☆ よく噛むことによって、食べ物の消化を助けたり、脳を刺激して発達を促したり、病気の予防をしたり、様々な効果をもたらします。 「卑弥呼の歯がいーぜ!」(ヒ…
続きを読む

- 外傷を受けた歯を守る大切さ -

皆さんこんにちは! 戸谷歯科クリニック 院長の戸谷です!   私は「第15回日本外傷歯学会・学術大会」に参加いたしました  毎年7月は、多くの歯科 学会が開催されます。平成27年7月10日から12日にかけて、北九州市の国際会議場にて「第15回日本外傷歯学会」と「第7回アジア国際外傷歯学会」が併催されました。私は大阪府の理事として参加をしてまいりました。今回はタイ・インドネシア・フィリピン、韓国、中国各国から外傷歯のエキスパートの先生達が講演に来られ、シンポジウムにて熱い討論が行われました。  歯の外傷とは、転倒・衝突・交通事故・スポーツ・殴打などにより、歯が脱臼したり、破折したりした状態のことを言います。いわば外傷は、誰の身の上にも降りかかってきてもおかしくないトラブルです。そのような時に、我々歯科医師はどのように診断し、治療することによって歯と周囲組織をしっかりと守ることができるのか、いつも外傷歯学会の学術大会や定期セミナーミーティングにて最新の情報をアップデートし、知識と技術を研鑽しています。  最近では、転倒や衝突によりお子さんの乳歯が脱臼した場合、抜けてしまった歯と脱…
続きを読む

★矯正治療のすすめ★

カテゴリ:審美歯科 
こんにちは、戸谷歯科クリニックの歯科医師の中村です! 矯正治療について少し書きたいと思います。   皆さんご存知とは思いますが、矯正治療とは歯並びを綺麗に整える治療のことです。 特殊な金属製ワイヤーを用いて歯に少しずつ力を加えて、少しずつ歯を動かしていきます。     目的として一番のものはもちろん歯並びを綺麗にして見た目を良くすることですが、歯並びを綺麗にすることで、ほかにも副次的に良いことがあるのをご存じでしょうか!?   歯並びが綺麗に整っていると、歯並び(歯列といいます)に凹凸がないので食べかすや歯垢が溜まりにくく、またブラッシングも容易になります。それによってお口の中が清潔に保たれて虫歯や歯周病の予防、口臭予防につながります。またブラッシングが容易だと着色汚れなどもつきにくくなり、白い歯をキープすることも容易になってきます。   また最近では就職活動や営業職などの第一印象が重要になる場面では、やはり歯並びが綺麗なほうが好印象につながり有利に働くこともあると思います。   短所としては治療期間が長くかかることや、治療期…
続きを読む
前の5件 1  2  3  4  5  6  7
このページの上部へ